香り立つ香辛料と手提げ袋
「フライドポテト」は嫌いかな?好きかな?いろいろ感じ方があるかもだけど、さほど悪いものじゃないんじゃないかな、「餃子」。そう考えたりしない?<ヘッダー>

月が見える平日の晩は料理を

好きなミュージシャンはいっぱい居るけど、近頃は海外の音楽ばかり流していた。
でも、日本国内のアーティストの中から、大ファンなのがCHARAだ。
CHARAは多数の楽曲を世に送り出している。
代表作なのは、SWEET、世界、VIOLET BLUEとか。
この国数多くの音楽家が知られているがチャラは彼女は独特の個性がピカピカと光っている。
日本には、世界各国で仕事をするミュージシャンもたくさんいるが、charaも人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こんな題名が思いつくことに尊敬する。
多くの作品の作詞と作曲もしていて個人的には、クリエイティブでカリスマ的な魅力がある存在だ。
judy and maryのYUKIとコラボレーションし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、心に残っている。
格好良かったから。
誰もが一度は思う、思われたい感覚の事を、うまく一言で表現している。
キャッチフレーズコンテストなどに入賞されそうだ。

ゆったりと踊る妹と紅葉の山
どれでもいいので一個の趣味を、長期で続けている人に拍手を贈りたい。
スキューバでも、書道でも、とても小さいことでも。
ワンシーズンに一度だけでも、幼馴染の友達と、あのホテルに泊まる!という習慣なども良いと考える。
どんなことでも一個の事を行うと最終的には実用まで達することがある。
実は、保育園の時、ピアノと油絵とを学習していたが、辞めなきゃよかったな。
このように思うのは、リビングのの角にお父さんに貰ったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度弾けるようになりたいとという理想がある。

自信を持ってダンスする友達とファミレス

江國香織さんの物語に出てくる女性は、陰と陽を潜めていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することをそこまで責めない。
けれど、心から好きなのは旦那様だけのたった一人。
そんな女の人たちが多いような気がしませんか。
不貞行為を陰だとすれば、結婚生活は陽。
ふと、別の自分が入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する善悪の定義は無視して、その主人公を凝視する。
自分の中に新たな恋愛観や価値観が登場することもある。

陽気に口笛を吹く友達と飛行機雲
一人の人間の70パーセントは水だという研究もありますので、水は一人の人間のベースです。
水分摂取を怠ることなく、皆が健康で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく強い日差しの中より蝉の声が聞こえるこの時期、いつもは外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策に関して丁寧な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた頃に表れるという位なので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
当然、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期は例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗を出して、知らない間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分のコンディションも影響するでしょう。
もしかすると、自身が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
真夏の水分摂取は、次の瞬間の体調に表れるといっても言い過ぎではないかもしれません。
少しだけ出かける時も、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があればすごく便利です。
一人の人間の70パーセントは水だという研究もありますので、水は一人の人間のベースです。
水分摂取を怠ることなく、皆が健康で楽しい夏を満喫したいものです。

そよ風の吹く祝日の明け方は歩いてみる

気になってはいても行ったことはない、けれども、夜の暗さの中での動物園は、夜に動きやすい動物がものすごく活動的で観察していてたまらなく楽しいらしい。
前から知っていても、夜の動物園は行ったことがないけれど、娘がもうちょっと夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと思う。
もう少しだけ楽しめるようになったら、さぞ、娘も笑ってくれるだろうから。
昼間の動物園と隔たりのあるおもむきを家内も私も少しは味わってみたい。

陽の見えない日曜の夕方は窓から
ちいさいころから、活字は好きでしたが、暇なときに、家の本棚や図書館にある本を読んでいました。
ちゃんと理解しながら読み始めたのは、高校生のとき。
国語の授業で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
話は、付き合ったいる人を失った主人公の、高校のときの思い出からの始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験は当時もそれからも、もちろんありません。
だけど、高校生の私に主人公の絶望重複してしまいました。
複雑な気持ちでした。
その子と、高校生の私の年齢が近かった事、それもあってだと思います。
学校帰りに、その本を購入したのが本を買った初めての体験です。
ムーンライトシャドウは、「キッチン」の中の一つのお話です。
ずいぶん前の作品ですが、永遠に色あせない素晴らしい本かもしれません。

雹が降った木曜の夜に目を閉じて

すぐ目の前が海というところに自分たちは、在住しているので、津波被害を親が懸念している。
特に震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか小高い位置は周辺に存在するのかとかたずねてくる。
自分と家内だって不安だけれど、単純に新しい家も見つかるわけではない。
ただし、本当に津波がやってくるとなってしまった時に回避するルートを特定していないといけないと思う、だけど、しかし、湾沿いしか道がないので、ちゃんと想像したら危ないとわかった。

湿気の多い祝日の深夜は立ちっぱなしで
新入社員の時、株に好奇心をもっていて、買いたいとおもったことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれど、頑張って稼いでためた貯蓄が簡単に消えるのが嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座は開いて、資金も入れて、ボタン一つ押すだけで買える状態にしたけれど、怖くて購入できなかった。
頑張って、働いて稼いだお金だから、他人たちから見たら少なくてもでも大きく減ってしまうのは怖い。
けれど一回くらいは買ってみたい。

一生懸命ダンスする家族と枯れた森

鹿児島に定住してみて、墓前に毎日、菊をあげている方々が山ほどいることにびっくりした。
少しお歳の女性は、その日その日、墓前に生花をやっていないと、周りの女性の目が気にかかるらしい。
日ごとに、草花をなさっているから、月々の花代もすごくばかにならないらしい。
連日、周辺の高齢の女の人は墓所に集まって菊をあげながら、会話もしていて、墓所の悪い空気はなく、あたかも、人の集まる公園のように陽気な雰囲気だ。

夢中で口笛を吹くあなたと暑い日差し
今年の夏は、海に行っていないが、行けたら大変行きたい。
現在、ひとり娘が2歳になったばかりなので、波打ち際で遊ばせるぐらいなのに、しかし、たぶんおもしろがってくれるだろう。
とはいえ、今、パンパースをつけているので、周りの人の事を思ったら海水に入れない方がいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。

診療所 薬剤師求人
薬剤師に特化した求人サービス、複数あるけどどこがお勧めなの?薬剤師が転職・就職するための求人情報探し、ここで調べてみては?

サイト内カテゴリ